• English
  • Japanese

メーリングリスト管理(Alias)

Aliasでのメーリングリストの管理方法について説明します。

  • 管理ファイルには1行に1つのメールアドレスを書いてください。
  • 行の先頭に # をつけるとその行は無視されます。

メールサーバ上でエディタを使用する場合

  1. メールサーバにログインします。
    % ssh mail.sfc.keio.ac.jp
    
    Windows/Mac等の場合、リモートログインについて を参照。
  2. 管理ファイルのあるディレクトリに移動します。*1

    例:登録通知メールにあるディレクトリ名が"/var/mail-list/circle/"の場合。

    % cd /var/mail-list/circle/
    
  3. 管理ファイルをエディタ(Emacs, vi など)で開きます。

    例:登録通知メールにある管理ファイルが sample-ml の場合。

    % emacs sample-ml
    

    あるいは

    % vi sample-ml
    
  4. 編集がおわったら保存します。
  5. 編集内容を確認します。
    % lv sample-ml
    
  6. ログアウトを忘れずに。
    % logout
    

PCで編集する場合

メールサーバはUNIXですので、PCで編集するときは改行コード、文字コードに気をつけてください。

  • 改行コードに関して
    リストファイルはUNIXの改行コード(LF)にしてください。
    このページの WinSCP を使用した手順でファイル転送した場合は、
    UNIXの改行コードに変換されているので変換の必要はありません。
    
  • 日本語文字コードに関して
    コメント文などで日本語を使用する際は、ISO-2022-JP (JIS)にしてください。
    改行コードと日本語文字コードの変更に関しては下記を参照ください。
    
  1. 登録通知メールにある管理ファイル名と同じ名前でファイルを作成、編集する。
  2. メールサーバの指定の場所に、管理ファイルをコピーする。 以下はWinSCPを使った場合の例です。
    1. WinSCPを起動後、[セッション] をクリックし、接続先ホスト名/ユーザ名/パスワードを入力します。
      ホスト名mail.sfc.keio.ac.jp
      ユーザ名CNSのログイン名
      パスワードCNSのログインパスワード
    2. 初めてメールサーバに接続するときにはSSH鍵の登録画面が表示されます。「はい」をクリックしてください。(2回目以降は表示されません)
    3. 管理ファイルのあるディレクトリまで移動します。
      Ctrl + O(オー) を押して「ロケーションプロファイル」の画面を使うとPC側、サーバ側のディレクトリが指定できるので便利です。
    4. サーバにアップロードします。ドラッグ&ドロップでできます。
    5. アップロード時には[詳細(M)] をクリックし、
    6. 転送モードで[テキスト(T)] を選択します。
    7. 上書きしてよいか聞かれるので[はい(Y)]をクリックします。バックアップが必要な場合は事前にダウンロードしておいてください。
*1 移動せずに直接 emacs /var/mail-list/circle/sample-ml でも構いません

最終更新日: 2016年5月9日

内容はここまでです。