• English
  • Japanese

次期慶應メールに関するFAQ

FAQ(よくある質問)

A. メールアドレスに関するもの

  1. メールアドレスは、現在のものを利用できますか。
  2. メーリングリストのメールアドレスは、現在のものを利用できますか。
  3. 新しいシステムでは、"@keio.jp" ドメインの新しいメールアドレスが使えるようになるようですが、どんなアドレスになりますか。
  4. "@keio.jp" ドメインの新しいメールアドレスは、いつから利用できますか。

B. 新しいシステムに関するもの

  1. 新しいシステムとして導入される "Google Apps for Education" とは何ですか。
  2. 新しいシステムで利用可能な個人の容量はどうなっていますか。
  3. 広告は表示されますか。また、メール等のデータがマーケティング等の目的に使用されることはありますか。
  4. 万が一、義塾が Google Apps の契約をやめた場合、サーバ上のデータはどこに帰属しますか。
  5. メール以外の Google Apps の機能(カレンダー、チャットなど)は利用できるようになりますか。
  6. Google Apps Vault を導入する予定はありますか。
  7. サイトを導入する予定はありますか。

C. システム、データ移行に関するもの

  1. メールのデータは移行されますか。
  2. 自動的に移行されないデータや設定にはどのようなものがありますか。
  3. 新しいシステムに移行する際、メールを利用できなくなる期間はありますか。
  4. 現在のシステムで提供されている離籍者向けの1年間の転送サービスは継続されますか。
  5. 私は移行作業が必要ですか。必要だとしたら、どんな移行作業が必要なのでしょうか。
  6. 慶應メールとは別のメールアドレスをメインに使っています。別のメールアドレスから慶應メールに転送をしており、時々慶應メールのWeb画面を使ってメールを見ています。この場合、移行作業が必要ですか。
  7. もう何年も慶應メールWeb画面を見ていません。今後も見る予定がありません。移行作業は必要ないですか。
  8. 慶應メールは使用しておらず、慶應メールに届いたメールは別のメールアドレスに転送しています。移行作業は必要ないですか。
  9. 慶應メールでメールをたまに読みますが、メールデータは特に必要ありません。メールデータがいらないので、移行作業はしなくてよいですか。

D. メーリングリストの移行に関するもの

E. ログイン、ID、パスワードに関するもの

  1. Gmail のログイン画面からログインして利用できますか。
  2. ログインアカウント(ユーザ名、パスワード)には何を入力すればよいですか。

F. Keio Apps IDに関するもの

G. 利用環境、機能に関するもの

  1. 個人でメールアドレスを取得して Gmail を使用している場合、慶應メールのアカウントと統合することはできますか。
  2. 卒業・修了、退職等で義塾から離籍してからも利用できますか。
  3. これまで、パソコン上のメールソフトで利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
  4. これまで、携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)で利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
  5. 私のメールのデータはどこに保管されますか。
  6. 職員のメールシステム(@adst.keio.ac.jp)に影響はありますか。
  7. 海外でも利用できますか。
  8. Google Apps を使っていた端末(パソコン、携帯電話、スマートフォンなど)を紛失しました。何をしたらいいでしょうか。

H. メール, グループ(メーリングリスト), ドライブ, カレンダーなど, Google Apps の利用に関するもの

I. エラー、障害等に関するもの

  1. Gmailや、Googleのサービスで、障害が発生しているかどうか確認できますか。

J. 問い合わせに関するもの

  1. 質問がある場合、どこに問い合わせればよいですか。
<ページトップへ>

更新履歴

  • 2014/7/5: A~Eのカテゴリを変更, A-2,3,4 を追加
  • 2014/7/4: E-7 を追加
  • 2014/7/7: C-4 を更新
  • 2014/10/22: C-5~9 を追加
  • 2014/11/5: F-1 を追加
  • 2014/11/5: B-7 を追加
  • 2015/1/13: D,F,H を追加
  • 2015/1/19: G-8 を追加

最終更新日: 2015年1月30日

内容はここまでです。