• English
  • Japanese

L2TP-VPNサービス利用方法(Windows 10)

接続設定

  1. 画面左下に表示されているWindowsアイコンを押下し、[設定]を選択します。
  2. [ネットワークとインターネット]をクリックします。
  3. ネットワークとインターネットウインドウで[VPN]を選択し、右側に表示される内容より[VPN接続を追加する]をクリックします
  4. 以下の情報を入力して[保存]をクリックします。
    VPN プロバイダー   : Windows(ビルトイン)
    接続名        : SFC-CNS-L2TP
    サーバまたはアドレス : vpn1.sfc.keio.ac.jp
    VPN の種類      : 事前共有を使ったL2TP/IPsec もしなかった場合にはIPSecを利用したレイヤー2トンネリング
    事前共有キー     : cnsvpn
    サインイン情報の種類 : ユーザ名とパスワード
    ユーザ名       : CNSログイン名
    パスワード      : CNSログインパスワード
    
  5. 関連設定より[アダプターのオプションを選択する]をクリックします。
  6. SFC-CNS-L2TP を右クリックし、プロパティをクリックします
  7. [セキュリティ]タブをクリックし、以下の内容で設定します。
    VPNの種類    : IPsec を利用したレイヤー2トンネリングプロトコル (L2TP/IPsec)
    データの暗号化 : 暗号化は省略可能(暗号化なしでも接続します)
    認証      : 次のプロトコルを許可するを選択し、暗号化されていないパスワード (PAP)のみチェックして他の設定チェックは外す
    項番4で事前共有を使ったL2TP/IPsecを選択していない場合には[詳細設定]をクリックし、認証事前共有キーとしてcnsvpnと入力する
    
  8. ネットワークタブをクリックし、インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択して、プロパティをクリックします。
    注意)もしプロパティを変更してもプロパティウインドウが表示されない場合には以降の作業でなくメモ帳等を使い下記に示すファイルの変更を行ってください。
    ファイル名: C:\Users\[利用PCのアカウント名]\AppData\Roaming\Microsoft\Network\Connections\Pbk\rasphone.pbk
    場所   : [SFC-CNS-L2TP]配下にあるIpPrioritizeRemote
    値    : 1から0に変更
    
  9. 「詳細設定」をクリックします。
  10. リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使うのチェックを外します。

接続

  1. VPN選択画面からSFC-CNS-L2TPを選択し、[接続]をクリックします。
    ユーザ名とパスワードを聞かれた場合には以下の情報を入力して「OK」をクリックしてください。
    ユーザー名: CNSのログイン名
    パスワード: CNSのログインパスワード
    

切断

  1. VPN選択画面からSFC-CNS-L2TPを選択し、[切断]をクリックします

TIPS

  • ルータを使用してして接続できない場合、ルータの設定で「VPNパススルー」機能が有効になっていることを確認してください
    • 設定方法はお使いのルータの取扱説明書などを参照ください.

最終更新日: 2015年11月14日

内容はここまでです。