• Japanese

L2TP-VPNサービス利用方法(Windows Vista)

接続設定

  1. 「コントロールパネル」 -> 「ネットワークと共有センター」を選択
  2. 左側の「接続またはネットワークのセットアップ」をクリック
  3. 「職場に接続します」を選択し、「次へ」をクリック
  4. 「インターネット接続(VPN)を使用します」をクリック
  5. 以下情報を入力して「次へ」をクリック
    インターネットアドレス: vpn1.sfc.keio.ac.jp
    接続の名前: SFC-CNS-L2TP
    "今は接続しない。自分が後で接続できるようにセットアップのみを行う"にチェックを入れる
  6. 「作成」をクリック(ログイン名などは後で入力するのでここでは入力しなくてもよい)
  7. 「コントロールパネル」 -> 「ネットワーク接続」を選択
  8. 「ネットワーク接続の管理」をクリック
  9. 「SFC-CNS-L2TP」を右クリックし、プロパティを選択
  10. 「セキュリティ」 タブをクリック
    ・「詳細(カスタム設定)」を選択
    ・「設定」ボタンをクリック
    ・「暗号化されていないパスワード(PAP)」にチェック
    ・「Microsoft CHAP Version2 (MS-CHAP v2)」のチェックをはずす
    ・「データの暗号化」は「暗号化は省略可能」を選択
  11. 「ネットワーク」タブを選択
    1. VPNの種類の選択
      ・「VPNの種類」は「L2TP IPsec VPN」を選択
      ・「IPsec」ボタンをクリック
    2. 事前共有キーの入力
      ・「認証に事前共有キーを使う」にチェックを入れる。
      ・キーに「cnsvpn」と入力
    3. その他設定 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)「を選択して、プロパティをクリック
    4. 「詳細」をクリック
    5. 「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う」のチェックを外す

接続

  1. スタートボタンから「接続先」を選択
  2. 「SFC-CNS-L2TP」を選択して「接続」をクリック
  3. 以下情報を入力して「接続」をクリック
    ユーザー名: CNSのログイン名
    パスワード: CNSのログインパスワード
  • ルータを使用してして接続できない場合、ルータの設定で「VPNパススルー」機能が有効になっていることを確認
    • 設定方法はお使いのルータの取扱説明書などを参照ください

ファイアウォールが有効な場合の設定

OS標準のファイアウォール機能やファイアウォール機能を持つセキュリティソフトウェアをご利用の方で接続できない場合、ファイアウォールによりポートが遮断されている可能性があります。以下のポートの通信の許可設定を実施してください。

  • 方向:送信 プロトコル:UDP ポート番号:500
  • 方向:送信 プロトコル番号: 50

    NAT環境下からご利用の方は以下も許可してください。
  • 方向: 送信 プロトコル:UDP ポート番号:4500

最終更新日: 2011年6月16日

内容はここまでです。