• Japanese

MODx導入例

お知らせ

導入例

導入バージョン0.9.6.2 (2008/09/18リリース)
導入ディレクトリ/pub/WWW/example/
DBユーザexample_modx(申請済みのDBユーザ名)
DBexample_modx (申請済みのDB名)
DB文字コードutf8
DBユーザパスワードhoge1234(使用中のデータベースパスワード)
MODx管理用URLhttp://example.sfc.keio.ac.jp/modx/manager/
MODx公開用URLhttp://example.sfc.keio.ac.jp/modx/

インストール手順

  1. ソースをダウンロードしてきて導入ディレクトリに展開する。
    % cd /pub/WWW/example/
    % tar xvzf modx-0.9.6.2.tar.gz
    
  2. symlinkでmodxに設定する
    # ln -s modx-0.9.6.2 modx
    
  3. config.inc.phpの準備
    • ./manager/includes/config.inc.php の対処
      # cp -p config.inc.php.blank config.inc.php
      # chmod 666 config.inc.php
      
    • その他必要なディレクトリ・ファイルのモードの変更
      # chmod 777 modx/assets/cache modx/assets/export modx/assets/images
      # chmod 666 modx/assets/cache/siteCache.idx.php modx/assets/cache/sitePublishing.idx.php
      
  4. ブラウザで http://example.sfc.keio.ac.jp/modx/install/ を開く
  5. 表示される説明を読んでNextをクリックしていきます。
  6. データベース関係の入力例。Table prefixはデータベース内につくられるテーブル名なので任意の文字列です。
    Database name:example_modx
    Table prefix:modx_
    Collation:utf8_general_ci
    Database host:webpubdb
    Database login name:exmaple_modx
    Database password:hoge1234
    Administrator username:example_admin(MODxの任意の管理ユーザ名)
    Administrator email:ログイン名@sfc.keio.ac.jp
    Administrator password:MODx管理用パスワード
    Confirm password:
  7. 以上でインストールは完了です。

最終更新日: 2011年7月13日

内容はここまでです。