• Japanese

OpenPNE導入例

導入例

導入バージョン安定版OpenPNE 2.12.4
導入ディレクトリ/pub/WWW/example/
OpenPNEディレクトリ/pub/WWW/example/openpne -> OpenPNE-2.12.4
OpenPNE公開用ディレクトリ/pub/WWW/example/sns/
DBユーザexample_openpne
DBexample_openpne
DB文字コードutf8
DBユーザパスワードhoge1234
URLhttp://example.sfc.keio.ac.jp/sns/
OpenPNE管理者ユーザopenpne_admin / hoge43221
OpenPNE管理者ログインページhttp://example.sfc.keio.ac.jp/sns/?m=admin

インストール

展開と配置

  1. 例では OpenPNE 2.12.4 を /pub/WWW/example にダウンロードしたものとします。
  2. ソースコードを展開します。
    % cd /pub/WWW/example
    % tar xvzf OpenPNE-2.12.4.tar.gz
    
  3. バージョンアップ時等に備えて Symbolic link にしておきます。
    % ln -s /pub/WWW/example/OpenPNE-2.12.4 /pub/WWW/example/openpne
    
  4. 公開用ディレクトリを準備します。
    % mv /pub/WWW/example/OpenPNE-2.12.4/public_html /pub/WWW/example/sns
    
  5. OpenPNEのマニュアル通り、指定のディレクトリのモードを変更します。
    % chmod -R 777 /pub/WWW/example/openpne/var
    

設定

  1. 展開したソース直下のconfig.php を編集します。 (/pub/WWW/exmaple/openpne/config.php)
    define('OPENPNE_URL', 'http://example.sfc.keio.ac.jp/sns/');
    'username' => 'example_openpne',
    'password' => 'hoge1234',
    'hostspec' => 'webpubdb.sfc.keio.ac.jp',
    'database' => 'example_openpne',
    define('ENCRYPT_KEY', 'hogehoge');   ← 暗号キー。何でも良い。
    define('MAIL_SERVER_DOMAIN', 'sfc.keio.ac.jp');
    define('MAIL_SET_ENVFROM', false);
    
    • OPENPNE_URLで指定したディレクトリの config.inc.php (/pub/WWW/example/sns/config.inc.php)
      define('OPENPNE_DIR', realpath('/pub/WWW/example/openpne/'));
    • データベースの準備。MySQL に付属している SQL ファイル 2つを読み込ませます。
      (CNS の MySQL は 5.x 系ですが 4.1 系用の付属 SQL で動作するようです。)
      webedit% cd /pub/WWW/example/openpne/setup/sql/mysql41/install
      webedit% mysql -u example_openpne -h webpubdb example_openpne -p < install-2.12-create_tables.sql
      webedit% mysql -u example_openpne -h webpubdb example_openpne -p < install-2.12-insert_data.sql
      

初回のセットアップ

  • http://example.sfc.keio.ac.jp/sns/ を開くとセットアップ画面が開くので説明に従ってセットアップを完了させます。
    初回のセットアップが終わるとこのセットアップ画面は以後表示されなくなります。

最終更新日: 2011年7月13日

内容はここまでです。