• English
  • Japanese

FAQ 新しいシステムに関するもの

FAQ(よくある質問)

B. 新しいシステムに関するもの

  1. 新しいシステムとして導入される "G Suite for Education(旧 Google Apps for Education)" とは何ですか。
  2. 新しいシステムで利用可能な個人の容量はどうなっていますか。
  3. 広告は表示されますか。また、メール等のデータがマーケティング等の目的に使用されることはありますか。
  4. 万が一、義塾が G Suite(旧 Google Apps) の契約をやめた場合、サーバ上のデータはどこに帰属しますか。
  5. メール以外の G Suite(旧 Google Apps) の機能(カレンダー、チャットなど)は利用できるようになりますか。
  6. Google Vault を導入する予定はありますか。
  7. サイトを導入する予定はありますか

(Q1) 新しいシステムとして導入される "G Suite for Education(旧 Google Apps for Education)" とは何ですか。
(A1) Google 社が教育機関向けに提供しているサービスで、メール、カレンダー、チャット、オンラインストレージ等の機能を統合的に利用することが可能です。(次期慶應メールは、このサービスの一機能である Gmail に移行します。詳細については、Education サービスのページ をご覧ください。)

(Q2) 新しいシステムで利用可能な個人の容量はどうなっていますか。
(A2) 2014年11月現在、無制限 となっております。(Gmail を含む、G Suite for Education(旧 Google Apps for Education)でのサービス全般で使える容量です)

(Q3) 広告は表示されますか。また、メール等のデータがマーケティング等の目的に使用されることはありますか。
(A3) G Suite for Education(旧 Google Apps for Education)で提供される Gmail はインターフェースに同じものが採用されているものの、一般向けのサービスとはまったく異なるもので、広告が表示されることはありません。また、メール等のデータが広告目的で収集または使用されたり、そのデータを元に広告プロフィールが作成されたりすることはありませんのでご安心ください。(詳細については、G Suite for Education(旧 Google Apps for Education)- よくある質問 で説明されています。)

(Q4) 万が一、義塾が G Suite(旧 Google Apps)の契約をやめた場合、サーバ上のデータはどこに帰属しますか。
(A4) Google Apps では、Google社がデータを所有することはなく、義塾または利用者個人に帰属します。また、アカウントを削除することで、Google社のサーバからは完全にデータが削除されます。

(Q5) メール以外の G Suite(旧 Google Apps)の機能(カレンダー、チャットなど)は利用できるようになりますか。
(A5) Gmailの他に、グループ、ドライブ、カレンダー、連絡先 が利用可能です。ただし、個人で取得されている Google アカウントに関するデータとの統合はできません。

(Q6) Google Vault を導入する予定はありますか。
(A6) 導入する予定はありません。( [ご参考] Google Vault とは

(Q7) サイトを導入する予定はありますか
(A7) 導入する予定はありません。( [ご参考] Google サイトの概要

更新履歴

  • 2014/7/4: A5の内容更新
  • 2014/11/5: A5の内容更新

最終更新日: 2016年12月2日

内容はここまでです。