• English
  • Japanese

FAQ 利用環境、機能に関するもの

FAQ(よくある質問)

E. 利用環境、機能に関するもの

  1. 個人でメールアドレスを取得して Gmail を使用している場合、慶應メールのアカウントと統合することはできますか。
  2. 卒業・修了、退職等で義塾から離籍してからも利用できますか。
  3. これまで、パソコン上のメールソフトで利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
  4. これまで、携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)で利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
  5. 私のメールのデータはどこに保管されますか。
  6. 職員のメールシステム(@adst.keio.ac.jp)に影響はありますか。
  7. 海外でも利用できますか。
  8. G Suite(旧 Google Apps) を使っていた端末(パソコン、携帯電話、スマートフォンなど)を紛失しました。何をしたらいいでしょうか。

(Q1) 個人でメールアドレスを取得して Gmail を使用している場合、慶應メールのアカウントと統合することはできますか。
(A1) アカウントを統合することはできませんが、Google Chrome を使用したり、アカウントごとに別のブラウザを使用したりすることでアカウントを切り替えることが可能です。また、メールについては、アカウントの追加設定を行うことで両アカウントの切替えが可能です。

(Q2) 卒業・修了、退職等で義塾から離籍してからも利用できますか。
(A2) 引き続きご離籍後1年間はメール転送サービスが利用可能です。詳細は、[ G Suite(旧 Google Apps)の紹介・サービス上の変更点について-注意事項] をご参照ください。

(Q3) これまで、パソコン上のメールソフトで利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
(A3) メールアドレスやパスワード、ホスト名が変わるため、設定の変更が必要となりますが、メールソフトで今まで通り利用可能です。ブラウザで利用することも可能です。

(Q4) これまで、携帯電話(スマートフォン、フィーチャーフォン)で利用していましたが、これまで通り使うことはできるでしょうか。
(A4) スマートフォンでの利用(ブラウザ、メールアプリ)では今まで通り可能です。フィーチャーフォン(ガラケー)については残念ながらサポートされていませんが、メール機能の一部などが利用できるよう対応を行う予定です。詳細は決まりましたらお知らせします。

(Q5) 私のメールのデータはどこに保管されますか。
(A5) Google社のデータセンターに保存されます。データセンターの詳細については、Data center locations をご確認ください。

(Q6) 職員のメールシステム(@adst.keio.ac.jp)に影響はありますか。
(A6) adst のメールシステムそのものの利用に影響はありません。 ただし、職員のメールシステムに届いたメールを慶應メールに転送したり、慶應メールに届いたメールを職員のメールシステムに転送している方は、移行作業が必要になります。

(Q7) 海外でも利用できますか。
(A7) Google社から、中国など一部の国や地域で、googleのサービスを利用できない場合があることが報告されています。
参考: 現在、Google サービスの既知のアクセス不能状況対応方法を検討しております。

(Q8) G Suite(旧 Google Apps) を使っていた端末(パソコン、携帯電話、スマートフォンなど)を紛失しました。何をしたらいいでしょうか。
(A8) G Suite(旧 Google Apps)利用端末紛失時の対処方法について を参考に対応を行ってください。

更新履歴

  • 2014/7/3: Q3, Q4, A3, A4, A6の内容更新
  • 2014/7/4: Q7, A7の内容追加
  • 2014/7/7: A2の内容更新
  • 2014/9/30: A2, A4, A6, A7の内容更新
  • 2014/1/19: Q8, A8の内容追加

最終更新日: 2016年11月4日

内容はここまでです。