• English
  • Japanese

一般向けの Google サービスのログインアカウントとして、慶應ID を使用しなくてもよい場合

操作手順

以下、”Gmail アカウントを取得して慶應ID を一般向けの Google ログインアカウントから切り離す”、”Google アカウントに慶應ID を「予備のメール アドレス」(または「その他のメール アドレス」)として設定している場合の不具合に関する対処方法”の2つの手順を行う必要があります。

[手順1] Gmail アカウントを取得して慶應ID を一般向けの Google ログインアカウントから切り離す

  1. 左下の [開始する] ボタンをクリックしてください。

  2. [② 個人アカウントに使用する別のアドレスを選択します] をクリックします。
    [使用するアカウントの種類] で「1 つのアカウントで Gmail と新しい gmail.com のアドレスを使用。]を選択し、[続行] ボタンをクリックしてください。

  3. 「名前」(ご自身の氏名を入力してください。)
    「希望する Gmail アドレス」(既存のアドレスは指定できません。慶應ID の代わりとなる新たに希望するアカウント名を入力してください。)
    「現在のメールアドレス」(今回登録する Gmail アドレスとは別に、パスワードを忘れたときなどにメールの通知を希望するメールアドレスを入力してください。)
    を入力し、[送信] ボタンをクリックしてください。

  4. 画面に表示されたいずれかの方法を選択し、必要な情報を入力したら、[次へ] ボタンをクリックしてください。

  5. 確認コードを入力したら、[次へ] ボタンをクリックしてください。
    (ここでは携帯電話のメールアドレス宛に通知された確認コードを入力して、手続きする場合の手順を示しています)

  6. Gmail ログイン後の画面が表示されるか確認します。カレンダー等の設定やデータが引き継がれているかもご確認ください。
    なお、本設定が反映されるには、10分程度かかる場合があります。
    引き続き、以下の[手順2]を実施してください。

[手順2] Google アカウントに慶應ID を「予備のメール アドレス」(または「その他のメール アドレス」)として設定している場合の不具合に関する対処方法

  1. 画面右上の [アイコン] - [アカウント] の順にクリックしてください。

  2. [予備のメールアドレス] に慶應IDが設定されているか確認します。
    設定されている場合は、[編集]ボタンをクリックし、3.以降の手順を行ってください。
    設定されていない場合、作業はここで完了です(以降の手順の実施は必要ありません)

  3. さらに [編集] ボタンをクリックしてください。

  4. 「×」をクリックしてください。

  5. 慶應ID に取り消し線が引かれたら、[保存] ボタンをクリックしてください。

  6. 「アカウント情報を更新し、保存しました」というメッセージが表示されたら操作完了です。
    (画像のように慶應IDが表示されたままになっていることがありますが、再度「1.」の操作をすると、「予備のメールアドレス」が表示されなくなっていることを確認できます)


    なお、Google サービス内でのアカウント情報連携には、10分程度かかる場合があります。

    操作完了後も不具合が継続する場合は、少し時間をおいてから、グループへのメール送信やカレンダーの閲覧等をお試しください。
    また、グループのオーナーに、該当グループの管理画面で慶應ID が元のメールアドレス形式(例として keio-taro@a2.keio.jp)で表示されているか確認のご依頼をお願いいたします。

    上記操作を進める上で、異なる画面が表示される等、ご不明な点がございましたら、お手数ですが、keio.jp ヘルプデスク(help@keio.jp)までご連絡いただければ幸いです。

最終更新日: 2014年12月26日

内容はここまでです。