• English
  • Japanese

10. スケジュールの移行方法

スケジュールの移行手順

  1. 手順1:現システム(DEEPMail)での設定内容を確認
  2. 手順2:新システム(カレンダー)での設定

はじめに

現システム(DEEPMail)の「スケジュール」にある情報を、Google Apps for Educationの「カレンダー」へ移行します。

現システム(DEEPMail)のスケジュールでスケジュール管理をしていましたが、新システム(カレンダー)では、カレンダー機能でスケジュール管理が可能です。

※データ移行につきましては、個人での実施となります。なお、スケジュールを一括でダウンロードする機能はございません。

現システム(DEEPMail)での設定内容を確認

  1. スケジュール作成画面の表示

    現システム(DEEPMail)のトップページに行き、上部メニューの「スケジュール」をクリックします。


  2. スケジュール確認

    登録済みのスケジュールをクリックすることで内容を確認することができます。


新システム(カレンダー)での設定

新システム(カレンダー)へのアクセス方法

  1. 新システム(カレンダー)の場合、右上のメニューからカレンダーをクリックします。


  2. 「Googleカレンダーへようこそ」が表示されますので、「次へ:予定に関する通知を受け取る」をクリックします。


  3. 「予定に関する通知を受け取る」で、「通知を受け取る方法」(受け取りたくない場合はチェックを外す)を確認し、 「次へ:まず予定を作成します」をクリックします。


  4. 「まず予定を作成します」で、「Googleカレンダーを使ってみる」をクリックします。


カレンダーの共有設定

新システム(カレンダー)はデフォルトで「このカレンダーを組織 慶應義塾のすべてのユーザと共有する」に チェックが入っているため、慶應義塾のすべてのユーザに予定を見られてしまう可能性があります。 共有を行わない場合、以下の設定を行います。

  1. 新システム(カレンダー)にアクセスし、画面右上の設定アイコンから、「設定」をクリックします。


  2. カレンダー設定画面が表示されます。「カレンダー」タブをクリックします。


  3. 共有の「このカレンダーを共有」をクリックします。


  4. デフォルトで、「このカレンダーを他のユーザーと共有する」にチェックが入っているため、 「このカレンダーを他のユーザーと共有する」のチェックをはずし、「保存」をクリックします。


スケジュールの作成方法

  1. 新システム(カレンダー)でスケジュールを登録する場合は、任意の時間をクリックします。以下のタイトルに予定を入力します。
    タイトル入力後、「予定を作成」をクリックします。
    ※詳細な設定は、「編集」をクリックして設定してください。


  2. 以下のようにスケジュールがカレンダーに作成されます。(作成後にスケジュールをドラックすることで時間、日の変更が容易にできます。)


以上で、「10. スケジュールの移行方法 」の移行作業は終了です。

引き続き、移行作業を続ける場合は、移行作業サイトマップ に進んでください。

最終更新日: 2014年10月29日

内容はここまでです。