• English
  • Japanese

共有リンクを利用する

BoxではURLを用いてフォルダおよびファイルを共有することができます。
共有ではコラボレーションと異なり、共有された相手は閲覧(プレビュー)およびダウンロードのみ許可されます。

フォルダ・ファイル共有の開始と終了

共有の開始

共有したいフォルダまたはファイルの横に表示された[共有]を選択すると共有が開始され、ポップアップウィンドウが表示されます。
このポップアップウィンドウの説明はポップアップウィンドウでできることをご覧ください。

共有中は、当該フォルダまたはファイルの横の表示が[共有]から[共有済み]に変化します。

共有の終了

共有の終了は、共有中のフォルダまたはファイルの横に表示された[共有済み]を選択し表示されるポップアップウィンドウから行えます。
詳しくはアクセスの種類の変更・共有の解除をご覧ください。

ポップアップウィンドウでできること

共有していないフォルダ・ファイル横の[共有]または共有されたフォルダ・ファイル横の[共有済み]を選択すると、以下のようなポップアップウィンドウが表示されます。

共有リンク

共有リンクの取得

表示されたウィンドウの「共有リンク」から共有URLを取得できます。他のユーザーは共有URLへジャンプすることで、共有されたフォルダまたはファイルにアクセスできます。

アクセスの種類の変更・共有の解除

共有URLの下の青い文字を選択することで、アクセスの種類(共有範囲)を変更または共有リンクを削除(共有を解除)できます。上の図では"このフォルダ内のユーザー"と表示されていますが、現在設定された共有範囲に応じて表示が変化します。
選択できるアクセスの種類は以下の通りです。

  • "リンクを知っている全員" - 慶應外部も含めた全てのユーザーに対してアクセスが許可されます。このアクセスの種類を選択した場合、Boxアカウントを持たない人物でもアクセスが可能です。
  • "会社のユーザー" - 慶應IDを持つユーザーに限り、アクセスが許可されます。
  • "このフォルダ内のユーザー" - 共有したいフォルダおよびファイルを含むファイルへのコラボレータにのみ、アクセスが許可されます。
  • "リンクを削除" - 共有URLを削除し、共有を解除します。

共有リンクの設定

「共有リンク」右上の歯車マークを選択することで、共有リンクを詳細に設定できます。アクセスの種類および共有の対象によって、表示される設定項目が異なることにご注意ください。

  • 「カスタムURL」 - 通常、共有URLの末尾の文字列はランダムに設定されます。カスタムURLで指定することで、末尾を任意の文字列に変更できます。
  • 「パスワード保護」 - アクセスの種類を"リンクを知っている全員"に設定した場合のみに表示されるオプションです。共有URLへのアクセスにパスワードによる制限を設けることができます。
  • 「リンク有効期限」 - 共有に期限を設けることができます。
  • 「ダウンロードを許可」 - 共有の対象がフォルダの場合のみに表示されるオプションです。共有URLへアクセスしてもファイルをダウンロードできず、プレビューのみ許可されます。
  • 「直接リンク」 - 上の図には表示されていませんが、共有の対象がファイルの場合のみに表示されるオプションです。このリンクへアクセスすると、共有されたファイルへ直接アクセスできます。

メールを用いた共有リンクの送信

「共有リンクをメールで送信」の入力フォームへ入力することで、任意の相手へメールにて共有URLを送信できます。

最終更新日: 2016年6月14日

内容はここまでです。