• English
  • Japanese

学外からのメール送信について(Outbound Port 25 Blocking への対応)

概要

  • インターネットプロバイダ (以下、ISP) によっては迷惑メールの対策として、メール送信時に外部のメールサーバとの接続に使われる25番ポートを通信不能にする Outbound Port 25 Blocking (以下、OP25B) という規制を行なっているところがあります。
  • この規制の下では通常は ISP の提供しているメール送信サーバを使用してのみメール送信可能で、ISP のネットワーク内から SFC-CNS のメールサーバを使ってメールが送信できなくなります。
  • SFC-CNS では従来の送信方法に加え、メール送信時に「Submission ポート(587番) + SMTP認証」あるいは「SMTP over SSL + SMTP認証」を使用することで OP25B を実施している ISP などからもメール送信が可能になります。

使用方法

  • SMTP認証用のパスワードが必要です。(IMAP受信用パスワードと共通)
  • IMAP/SMTP-AUTHパスワードを未設定の方は利用前に申請ページ で設定してください。
    • メニュー -> 3. IMAP/SMTP認証パスワードを設定/変更する
  • SMTPサーバの設定は下記となります
    1. Submission ポート(587番) + SMTP認証
      SMTPサーバ名ポート番号認証方法
      smtp.sfc.keio.ac.jp587CRAM-MD5認証 または LOGIN認証
      LOGIN認証は TLS (STARTTLS) 利用時のみ有効です。
    2. SMTP over SSL(465番) + SMTP認証
      SMTPサーバ名ポート番号認証方法
      smtp.sfc.keio.ac.jp465CRAM-MD5認証 または LOGIN認証
  • Outlook2002, OutlookExpress は Sumission port に対応していないので SMTP over SSL をご利用ください。

設定例

最終更新日: 2012年5月14日

内容はここまでです。