• English
  • Japanese

eduroam について

eduroam とは

eduroam(エデュローム)は、欧州のGÉANT Association(旧TERENA)で開発された学術無線LANローミング基盤です。日本を含む世界74か国・地域で利用されています。2015年6月時点で、国内112機関がeduroam JPに参加しています。

自機関はもちろん,国内外の訪問先機関の無線LANが利用できます。認証連携により、所属機関で発行された ID がそのまま使えます。接続設定が共通なので、訪問先ごとに設定を変更する必要がありません。

eduroam の利用方法

塾内での利用について(来訪者:義塾内での利用方法)

対象地区 主要6キャンパス、新川崎タウンキャンパス、鶴岡タウンキャンパス
詳細は、eduroam基地局マップをご覧ください。
SSID eduroam
セキュリティ WPA2 Enterprise
暗号化 AES
認証情報 所属機関でeduroamを利用するために発行されたID/パスワード
もしくは証明書等を利用して接続することが可能です
払い出し
ネットワーク
SINET eduroam用ネットワーク
慶應義塾外の扱いとなります

塾外での利用について(義塾所属者:訪問先機関での利用方法)


対象機関 学術認証フェデレーションに参加している機関
詳細はEduroam JP のページ参照(http://www.eduroam.jp/
SSID eduroam(利用機関による)
セキュリティ WPA2 Enterprise(利用機関による)
暗号化 AES(利用機関による)
認証方式 EAP-PEAP
認証ID keio.jp のID(例: keiotaro@keio.jp)
または
ITCアカウントのID(例: ua123456@user.keio.ac.jp)
または
SFC-CNSのID(例: s15000tk@sfc.keio.ac.jp)
認証パスワード keio.jp のPEAPパスワード
または
ITCシステムのPEAPパスワード
または
SFC-CNSのPEAPパスワード
払い出し
ネットワーク
利用機関による
(慶應義塾外のネットワークとなります)

最終更新日: 2015年12月1日

内容はここまでです。