• English
  • Japanese

CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスの運用開始について(5/14)

2018年5月14日
SFC-CNS/ERNS利用者各位
湘南藤沢ITC
CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスの運用開始について(5/14)


以下の通り、既存のCNSクラウドコンピューティングサービスに加え、CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスの運用を開始しました。


名称 CNSクラウドコンピューティングサービス CNSパブリッククラウドコンピューティングサービス
通称 CNS VPSサービス CNS クラウドVPSサービス
サーバ 湘南藤沢ITC機器室内自営機器 Microsoft Azureクラウドサービス
データ ITC管理機器上(バックアップのみクラウド) パブリッククラウド上
IPアドレス 133.27/16(SFC内) Azure上の慶應外部のIPアドレス
DNS sfc.keio.ac.jpドメイン設定可
逆引き設定可
sfc.keio.ac.jpドメイン設定不可
逆引き設定不可
利用対象 SFC教職員 CNSフルアカウント所有者
(CNSサブアカウント所有者は授業利用に限る)
期間 年度末まで(年度更新) 年度末まで(年度更新)
ただし2020年3月末日でサービス終了
制限 台数4台まで、利用できるリソースは少ない
サービスコンソールの提供はなし
台数8台まで、比較的大きなリソースが利用できる
サービスコンソールの提供はなし
申請 CNSオンライン申請


【注意事項】

  • CNSパブリッククラウドコンピューティングサービスは 2020年 3月末日で終了します。

最終更新日: 2018年5月15日

内容はここまでです。