• English
  • Japanese

VPNサービスについて

概要

  • 既にISPなど経由でインターネットに接続されている環境を利用して学内に限定されているサービスを利用することが可能です。
  • CNSで利用可能なVPNサービスは大きく分けて2種類あります。
    VPNの種類 メリット デメリット
    SSL-VPN (WebVPN) 導入が最も簡単利用できないサービスもある
    IPSEC-VPN Windows/Mac OS X/iPhone/Android で利用可能
    SFC-CNS だけではなく、keio.jp など塾内ネットワークをVPN経由で利用可能
    Windows はクライアントプログラムをインストールする必要がある

利用方法

SSL-VPN (WebVPN)

  • WebブラウザのSSL機能で暗号化をします。
  • VPNになっているのはWebブラウザ内だけで、他の通信には影響しません。
  • SSL対応ブラウザだけあれば利用可能なので大変手軽です。
  • メディアセンターで提供しているデータベースサービスをご利用の時などに便利です。
    (ただし、サービスによっては正常に動作しないものもあるので、その場合は IPSec-VPN をご利用ください)

IPSEC-VPN

  • CNSに対する全ての通信をIPSecにより保護された経路に流します。
  • CNS外からの接続を禁止しているサービスが利用可能です。
  • Windows/Mac OS X/iOS/Android で利用可能ですが、Windows, Android7.0 での接続にはGlobalProtect クライアントをインストールする必要があります。
    なお、いずれのOSをご利用の場合でも設定が容易な GlobalProtect の利用をお勧めいたします。

仕様

Web-VPN仕様
暗号TLSv1, 1.1, 1.2
IPSec-VPN仕様
暗号AES-128-CBC
Clientアサインアドレス133.27.135.0/26
経路133.27.0.0/16, 131.113.0.0/16
以外は通常経路 (VPNを通らない) で通信されます

変更履歴

2017年09月01日新VPN機器試験運用開始
2012年10月30日VPN機器入替 (AnyConnectのWindows Vista,7 64bit対応)
2009年11月26日L2TP-VPNの対象にWindows 7を追加
2008年06月11日VPN機器入替 (SSL-VPNサービスの追加)
2004年06月22日試験運用開始
2004年10月18日L2TP-VPN追加
2005年01月24日L2TP-VPNの対象からWindows 2000を除外

最終更新日: 2017年9月7日

内容はここまでです。