• English
  • Japanese

SNSの友達リクエストについての注意喚起

最近、G Suite(旧 Google Apps)のアカウント連携機能を利用されて海外SNSからの友達リクエストに承認した結果、連絡先情報が読み取られてしまい、Googleに登録してある知り合いのメールアドレスに対して自分名義で招待メールが送信されているという相談が増えています。

また一部のSNSでは、G Suite(旧 Google Apps)アカウントと連携させた状態で、SNSにて「友達を招待する」をクリックした際に、Googleに登録されてある連絡先すべてに招待のメールが送信される仕様となっている場合があります。(例:LinkedIn等)

被害に遭わないために、下記の点にご注意ください。

  1. 事前の対策
    ・不用意にサービス連携を許可しない。
    ・SNS等でサービス連携をする際に不要な情報を連携していないか確認する。
    ・私用のGoolgeアカウントとkeio.jpのアカウントを使い分ける。
  2. 事後の対策
    ・Googleのアカウント情報から不要なサービス連携を削除する。

詳しくは、下記のサイトなどをご覧ください。

○【注意喚起】SNSの友達リクエストを承認したら、連絡先情報を読み取られ、自分名義の招待メールが拡散!

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert271028.html

最終更新日: 2016年11月11日

内容はここまでです。