• English
  • Japanese

ラベルによるメールの分類

一般的なメールクライアントソフトでは、受信したメールをフォルダ単位に整理する仕組みが用意されています。G Suite(旧 Google Apps)の Gmailにはフォルダに該当する概念として「ラベル」という機能があります。これはメールやスレッドに印をつけて分類するものです。例えば、サークルに関連したメール全てに「サークル」というラベルをつけ、授業に関するメール全てに「授業」というラベルをつけると、それらのラベルが画面左側の「ラベル」という欄に表示されるので、メールを見やすく分類出来ます。
ラベルの機能を利用するには、まずラベルを作成します。「(設定)」→「メール設定」をクリックし、タブで「ラベル」を選択します。

図1 ラベルの作成

図1の画面が表示されますので、「新しいラベルを作成」をクリックします。

図2 新しいラベル

図2にラベルの名前を入力し「作成」をクリックします。以降、同じ操作で複数のラベルを作成します。
「次のラベルの下位にネスト」を選択すると、新しく作成されるラベルが選択したラベルの下に作成されます。
図3は、例として「全社」の下位に「第1営業部」というラベルをネストして作成したときの画面です。

図3 新しいラベル

メールに作成したラベルをつけるには、まず画面左上の「受信トレイ」をクリックし、メールの一覧を表示します。
ラベルをつけたいメールの行のチェックボックスを選択します。図4は、上の2行のチェックボックスを選択した状態です。

図4 ラベルをつけるメールを選択

メールを選択したら、メール一覧上部の「 (ラベル)」プルダウンをクリックします。
すると、図5のように、選択リストが開き、図3のときに作成したラベル名が表示されていることが確認出来ます。

図5 ラベルの選択

選択したメールに付けたいラベルをリストから選択します。ラベルは複数指定することが出来ます。
指定したいラベルが決まったら、プルダウンメニュー下部の「適用」をクリックします。受信トレイのメール一覧が更新され、件名の左横にラベル名が付きます。(図6

図6 ラベルの追加結果

メールにラベルを付けた後、画面左側にラベル名が並んでいますので、ラベル名をクリックしてみてください。
クリックしたラベルが付いているメールのみがメール一覧画面に表示されます。(図7)

図7 ラベルによるメールの分類

引続き説明をご覧になりたい場合は、メールに目印をつける に進んでください。

他の説明をご覧になりたい場合は、Gmailの基本操作 に戻ってください。

最終更新日: 2016年11月10日

内容はここまでです。