• English
  • Japanese

Apple Mail (IMAP4)

Apple Mailを使ったIMAP4の利用

ここでは macOS High Sierra (10.3) 付属の Mail.app 11.1 を例に説明しています。

送受信の設定

  • 既存の「Mail.app」の設定に SFC-CNS のメール設定を追加する場合には手順1から実施します。
  • 初めて「Mail.app」を使用する場合には手順2から実施します。
  1. メニューから [メール] - [アカウントを追加...] を開きます。


  2. メールアカウントのプロバイダを選択する画面が表示されるので、[その他のメールアカウント...] を選択します。


  3. アカウントの情報を入力します。
    名前 ご自身の名前を入力する
    メールアドレス ご自身の SFC-CNS のメールアドレスを入力する
    パスワード IMAP/SMTP-AUTHパスワードを入力する


  4. 受信用メールサーバと送信用メールサーバの情報を入力し、サインインをクリックします。
    入力の途中で「アカウント名またはパスワードを確認できません。」と表示されますが、詳細設定を正しく行えばアカウントの追加ができます。
    メールアドレス SFC-CNSのメールアドレス
    ユーザ名 SFC-CNSログイン名
    パスワード IMAP/SMTP-AUTHパスワード
    アカウントの種類 IMAP
    受信用メールアドレス imap.sfc.keio.ac.jp
    送信用メールアドレス smtp.sfc.keio.ac.jp


  5. 「このアカウントで使用するアプリケーションを選択してください」の画面でメールとメモのチェックボックスが表示されます。
    メールにチェックを必ず入れて [完了] ボタンを押します。
    メモの機能を使用したい方は任意でチェックを入れてください。


  6. 上記の手順が完了すると、IMAPサーバに接続を開始します。
    もし、開始されない場合はメニューから [メールボックス] - [すべてのアカウントをオンラインにする] を選択します。


  7. 以上で Apple Mail を使った IMAP4 の利用設定は完了です。

「SMTPサーバのポート設定の確認」

学外からでも送信できるように標準の送信ポートからSubmissionポートを使う設定を確認します。

  1. 環境設定 > アカウントを開きます。

  2. 「送信用メールサーバ(SMTP」」欄をから「SMTPサーバリストを編集...」を 選択します。

  3. 「デフォルトポートを使用(25,465,587)」にチェックが入っていることを確認します。

オフラインでIMAP4メールを読む方法

関連:IMAP4(WebMail)サービスについて

最終更新日: 2018年1月23日

内容はここまでです。